ゲーム好きエンジニア集まれ!
unityエンジニアに必要なスキルや転職成功のコツとは

IT関連の仕事は、様々な仕事があります。
同じIT業界にいても、「違う業種にチャレンジしたい」と考えている方がいると思います。仕事を続けていると、「この業界で続けていく自信がない」という方もいれば、「他の業種に興味を持っている」という方もいるでしょう。
キャリアチェンジを考え、転職を検討している方もいるのではないでしょうか。そんな方の中には、unityエンジニアの仕事に興味を持っている方もいると思います。普段から、ゲームを楽しんでいる方であれば、「今度は、作る側としてゲームに関わっていきたい」と考えている方もいるでしょう。では、unityエンジニア求人ではどういったスキルを求めているのでしょうか。

unityエンジニアを目指している方は、「ゲーム業界に携わりたい」と考えている方も多いと思いますが、ゲーム業界ではどういったスキルを持っている人材を求めているかが気になるところです。業界では、ゲームの企画力がある人材や各画面の要素スキルを持っている方、画面遷移スキルがある方、バツロウのモックスキルがある方などが求められています。

ゲームを作るということは、どういったゲームを作り上げることが出来るかということも大切となってきますから、企画力もなければ難しいということ。
当然、unityエンジニアとしての最低限のスキルも求められることになるでしょう。ゲームが好きな方、普段からゲームを楽しんでいる方であれば、「こんなゲームがあったらいいのに」と思っているものがあると思いますから、それを形にすることが出来れば、やりがいも大きくなるのではないでしょうか。

unityエンジニアを目指している方は、これらのスキルがあるのか一度振り返ってみましょう。足りないスキルは、後から補えばカバー出来るはずですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です